『高浦』をおさらいしてみる

愛媛県の半島にある小さな小さな漁村にて数日滞在し、歌詞を書き、山田白米とともに作曲した『高浦』。

久々に踊りをおさらいしてみると、これがまた結構手が多くて早い動きが多い。

もちろん私が振り付けをしたんですけれども、久しぶりに踊ってみると、これは踊り込めば楽しいし、さらに振りを磨ける作品だなと実感しました。

進化が楽しみな曲『高浦』ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です