U25 ダンス

U25 2021 dance odyssey

コロナの影響で今年4〜5月に開催できなかった京都国際ダンスワークショップフェスティバルの関連事業として、25歳以下のダンサーがなぜ踊りたいのか、なぜ踊るのかといったことについて、インタビューと即興のダンスによって編纂された80分のダンス映画を見た。

私も約10年ほどそのフェスティバルでスタッフを務めてきていたが、今年は京都府のアーツアドバイザーを務めることになったので、スタッフとしては今年度休むことにした。なので、どの様に撮影が進み、上映へと進んでいったのかは、昨夜の上映会までは知らなかった。

フェスティバルは25年前に始まった。出演していたダンサーたちは、まだ生まれていないころに始まったフェスティバル。僕も関わり出したのは10数年前で、25歳の時には踊りも始めていなかったので、実体験と実感のないコンセプトの試みだったので、彼らダンサーがどう考えているのかが少し知れたのは良かった、かも知れない。

逆に25歳以上になってから踊りを始めた現役のダンサー・振付家と彼らとの対談も面白いかも知れない。

踊ることと、作品を作ることは全く違うことだということなんだけれども、踊り手であるダンサーとしての今というのは、見えなかったかな。かといって作り手(振付・演出家)ではないダンサーの彼らが、今いる状態というものは、何と無く見えた。むしろそこに大きな課題と、U25の今というものが、大きく存在しているのではないかと思う。

コロナの影響で作品作りは正直停滞していると思う。けれども補助金が多数あるので、上演はそれなりにある。熱意と質が伴わない状況の中で、政治によって大量のお金が注入されている。来年度以降に芸術に対してこれほど潤沢な予算が生まれるには、芸術をしているものが、政治への興味を持つことと、補助金の本質が何か(税から生まれている)などを知ることが不可欠だろう。それと作品自体に関係性はなくていい。運営として制作事務として自覚する必要があるだろう。

この記事を書いた人

日置 あつし

日置 あつし

(Atsushi Heki)
振付家 / ダンサー / アーツアドバイザー

京都を拠点に、ヨーロッパなど国内外で活動しているアーティスト。
現在と伝統、多文化を織り交ぜた舞台芸術作品を得意とする。

プロダクション航路延長:代表
京都文化力プロジェクト実行委員会
京都府アーツアドバイザー

職種:振付、ダンサー、作曲、演出、プロデュース、俳優など

ジャンル:コンテンポラリーダンス、日本舞踊、茶道、デジタルサウンド、DNA音楽、現代演劇、まちづくり系イベント、各種フェスティバルなどの文化芸術分野全般

地域での活動:吉田剣鉾保存会(京都市無形文化財)メンバー