【圧倒的な成果を得られる質問力】

SNSなどで特に忘れがちな事
質問をする相手は
グーグルさんでも
ウィキさんでも
シリさんでもない

人と人との繋がりのなかで
相手に質問をするという事

『~をしたいと思い』
『~しましたが』
『~であり』
『~を調べてみましたけれど』
『~を実践してみたが』
『~の方向性は大丈夫でしょうか』

そこにもう一つ
『お忙しいとは思いますが
お時間ある時にお返事をいただけましたらと思います』

この様な
質問する相手への配慮を加えると
圧倒的に良い成果を得られる

質問力とは
自己の思考と配慮が含まれて
尚更
圧倒的な成果を上げることができる
先輩や指導者の立場にいる方々は
頑張っている人を応援している
自分で考えて行動し
その過程で壁に当たり
それでも自分で
調べたり
学んだりし
なんとかしようとするが
それでもわからない
そうした背景のある質問は
行動したか
思考したかが分かる
そうした質問には
先輩や指導者の思考レベルでの答えが返ってくる

これは日常でも
ほんの些細な質問をする時にも
使える事だと思う

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

音楽やパフォーマンスなど
プロデューサーの木村英輝氏筆頭に
多くの経験をされてきている
諸先輩がたとの舞台

質問をして行くにはとてもいい環境の一つ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

#質問力 #琳派ロック #平安神宮 #Kiyan #木村英輝 #キーヤン #日置あつし#AtsushiHeki #atsushiheki #Kyoto #JawaTari #JapaneseTraditionalDance #ジャワ舞踊 #日本舞踊

この記事を書いた人

日置 あつし

日置 あつし

(Atsushi Heki)
振付家 / ダンサー / アーツアドバイザー

京都を拠点に、ヨーロッパなど国内外で活動しているアーティスト。
現在と伝統、多文化を織り交ぜた舞台芸術作品を得意とする。

プロダクション航路延長:代表
京都文化力プロジェクト実行委員会
京都府アーツアドバイザー

職種:振付、ダンサー、作曲、演出、プロデュース、俳優など

ジャンル:コンテンポラリーダンス、日本舞踊、茶道、デジタルサウンド、DNA音楽、現代演劇、まちづくり系イベント、各種フェスティバルなどの文化芸術分野全般

地域での活動:吉田剣鉾保存会(京都市無形文化財)メンバー