剣鉾の調整

剣鉾は主に紐の縛り具合で、まねき(先についてる長い鉾)の動きと、鈴(りん)の鳴りを調整する。もちろん他にも様々に細かなパーツの調整によって、より良いパフォーマンスが出るようにしていく。

紐の結び方は、自分でやってみないとなかなか覚えられない。巻き方の強さでも変わってくる。強めにするのか、弱めにするのか、鉾を差しながら調整の繰り返してベストなところを見つけていく。

ただ、人によって変わってくるので、やはり自分でやってみないとわからない。来年の祭に向けて結び方も学んでいきます。

この記事を書いた人

日置 あつし

日置 あつし

振付家・ダンサー / 京都府庁アーツアドバイザー
京都を拠点に、ヨーロッパなど海外で活動しているアーティスト。
現在と伝統と多文化を織り交ぜた作品創作を得意とする。

職種:振付、ダンス、作曲、演出、プロデュース、俳優など

ジャンル:コンテンポラリーダンス、日本舞踊、茶道、アジアンテイストデジタルサウンド、DNA音楽、現代演劇、まちづくり系イベント、フェスティバルなど

地域での活動:吉田剣鉾保存会(京都市無形文化財)メンバー