希望を持てる 苔のクローニングと思い出と

7年前に梅ヶ畑で撮った苔

“Orang Moss”を作っていた頃かな

コンテンポラリーダンス、お茶、日本舞踊

とかサブタイトルに入れてたな

いまはそんなこと言わずに全部混ぜて作ってるなぁ

そんなことよりも

自然の中では

自分に適した環境を見つけて生きているから

小ぶりでも美しい集団を作っているな

そして

この集団のほとんどがおそらく

クローニングで育ったであろうことを思うと

まだまだ人間の可能性はあるなと

「希望を持てる」

#moss #苔 #思い出

この記事を書いた人

日置 あつし

日置 あつし

(Atsushi Heki)
振付家 / ダンサー / アーツアドバイザー

京都を拠点に、ヨーロッパなど国内外で活動しているアーティスト。
現在と伝統、多文化を織り交ぜた舞台芸術作品を得意とする。

プロダクション航路延長:代表
京都文化力プロジェクト実行委員会
京都府アーツアドバイザー

職種:振付、ダンサー、作曲、演出、プロデュース、俳優など

ジャンル:コンテンポラリーダンス、日本舞踊、茶道、デジタルサウンド、DNA音楽、現代演劇、まちづくり系イベント、各種フェスティバルなどの文化芸術分野全般

地域での活動:吉田剣鉾保存会(京都市無形文化財)メンバー