セビジャーナスにKyoto Dancerが挑戦

フラメンコのセビジャーナスを来週のイベントで少しばかり踊ることになったので、その足さばきと、6拍子での踊りの感覚に挑戦します!!

フラメンコって情熱的なイメージが強いので、そのせいもあってか広いスペースが踊りに必要かな?って思いがちですが、セビジャーナスの映像を見ていると、日舞で必要な地面のサイズと変わらないか、それよりも狭い!!

これはとても勉強になります。

そして更に踊りで使える技が増えることになりそうで楽しみです。

そういえば最近ブラジルサンバを練習していないな

フラメンコ、サンバ、サルサはとても似ている感じがする

そこらへんはwikiなどで調べればすぐ分かるだろうけれど

体感として知って行くのもいいなと思う

この記事を書いた人

日置 あつし

日置 あつし

振付家・ダンサー / 京都府庁アーツアドバイザー
京都を拠点に、ヨーロッパなど海外で活動しているアーティスト。
現在と伝統と多文化を織り交ぜた作品創作を得意とする。

職種:振付、ダンス、作曲、演出、プロデュース、俳優など

ジャンル:コンテンポラリーダンス、日本舞踊、茶道、アジアンテイストデジタルサウンド、DNA音楽、現代演劇、まちづくり系イベント、フェスティバルなど

地域での活動:吉田剣鉾保存会(京都市無形文化財)メンバー