『Gikochina-sa』

2018年6月 『Gikochina-sa』ミレーヌ・ブノワ/Contour Progressif 出演 Centre Dramatique National de Montreuil(パリ/フランス)

Contour Progressif

ぎこちなさ
構想・振付:ミレーヌ・ブノワ
共同制作及びアシスタント:マグダ・カシュシュ
出演 セリア・ゴンドル、日置あつし
文化アシスタント(日本)小寺雅子
生演奏 ニコラ・ドヴォス、ぺネロプ・ミシェル(セルキュイユ/ピュス・モマン)
ボーカル指導 ジャン=バティスト・ヴェレ=ロジェリアス
武道 日野晃 能楽 鷲尾世志子 日本舞踊 日置あつし
照明 アニー・ルリドン、ジュリエット・ロマンス
舞台美術 クリストフ・グレゴリオ
技術 シャルル・アルトレー
運営/制作/広報 アルテールマシーン/キャロル・ウィルモット、ヌラ・サイルール、エリザベット・ル=コエント
配給 ジュリエット・マロ プロダクション コントゥール・プログレシフ
共同プロダクションおよびパートナー
ル・ファール(ル・アーヴル国立振付センター)、
レシャンジュール(オー・ド・フランス地域圏振付振興センター)、
ル・ヴィヴァ(アルマンテ ィエール)、
アトリエ・ド・パリ / カロリン・カールソン(振付振興センター)、
ロレーヌ地方バ レエ、
アンスティチュ・フランセ、
ヴィラ九条山、
ベタンクールシュエーラー財団
カンパニー「コントゥール・プログレシフ」はフランス政府文化コミュニケーション省および オー・ド・フランス地域圏議会文化行政部より提携カンパニーとしての助成を、またオー・ ド・フランス地域圏議会文化行政部からは活動プログラム助成を受けている。

協力 ラ・ブリケトリー(振付振興センター) シャルロット・フーシェ=イシイ、大江ゴティニ純子、ベアトリス・オルヌ、平野将人、モノクロ ームサーカス、小崎哲哉、佐藤浩司、天理大学雅楽部、谷口正壽、中村光江、飛騨大富(市 比賣神社)、山田白米

この記事を書いた人

日置 あつし

日置 あつし

振付家・ダンサー / 京都府庁アーツアドバイザー
京都を拠点に、ヨーロッパなど海外で活動しているアーティスト。
現在と伝統と多文化を織り交ぜた作品創作を得意とする。

職種:振付、ダンス、作曲、演出、プロデュース、俳優など

ジャンル:コンテンポラリーダンス、日本舞踊、茶道、アジアンテイストデジタルサウンド、DNA音楽、現代演劇、まちづくり系イベント、フェスティバルなど

地域での活動:吉田剣鉾保存会(京都市無形文化財)メンバー