ダブル、トリプルワークの可能性 和束町

日置あつしが ご意見番として出演

いつもイベントで大変お世話になっている 遠藤 のぶこ さんからのありがたいお誘いで、興味のあった和束町に関するイベントで、ご意見番として参加させていただきます「援農×エンタメプロジェクト情報交換会@ZOOM」は今週日曜の夜です。夜の外出自粛もあることなので、夕食後にテレビやラジオを見る感じで、来年からの新たなダブル、トリプルワークの可能性を考えてみる機会に出来るんじゃないでしょうか。より多くの方から明るい展望のご意見があると可能性がぐっと広がりますので、ちょっとでも気になったら参加したほうがいいんじゃないでしょうか。

援農×エンタメプロジェクト 情報交換会 フェイスブックイベントページより

アーツアドバイザーとして

京都府庁でのアーツアドバイザーとして培ってきた知見から、少しでも可能性のある未来を語り合い、新たな交流や発展の可能性に貢献できればと思います。

「援農×エンタメプロジェクト情報交換会@ZOOM」イベント概要

繁忙期の農家さんを応援するシーズンワーク(短期バイト)「援農」という働き方をご存知ですか?日本各地の農業を支える援農者と農家さんをマッチングする事業を展開する「アグリナジカン」代表 山下丈太さんから援農、特に今回は京都府の一大茶産地、茶源郷和束(ちゃげんきょうわづか)の春のお茶の収穫期の援農についてお話を伺い、逆にエンターティナー、アーティストのみなさんから、こんな条件なら仕事してみたいと言った要望をリサーチするおしゃべり会を開催します。

援農×エンタメプロジェクト 情報交換会 フェイスブックイベントページより

FACEBOOK EVENT PAGE

この記事を書いた人

日置 あつし

日置 あつし

振付家・ダンサー / 京都府庁アーツアドバイザー
京都を拠点に、ヨーロッパなど海外で活動しているアーティスト。
現在と伝統と多文化を織り交ぜた作品創作を得意とする。

職種:振付、ダンス、作曲、演出、プロデュース、俳優など

ジャンル:コンテンポラリーダンス、日本舞踊、茶道、アジアンテイストデジタルサウンド、DNA音楽、現代演劇、まちづくり系イベント、フェスティバルなど

地域での活動:吉田剣鉾保存会(京都市無形文化財)メンバー