赤と青と金と

新たな着物を作るプロジェクト。同系色で染め上げてもらう。帯の文様も美しい。ちらりと見える毘沙門亀甲。けれどもこの毘沙門亀甲はちょっと衣装が凝っている。愛用していた浴衣の紋様から頂いた。なんと名付けようかな。

この記事を書いた人

日置 あつし

日置 あつし

京都在住ダンサー