雑記:四月から何がやってくるのか!?

京都府庁でのアーツアドバイザーの任期はあと1ヶ月ほど。

この一年はひたすらその仕事に打ち込んでいたので、来年度からの仕事の準備はほとんどできていない。

海外での仕事はやはり楽しいので、仕事がくるのも嬉しいし、自分で生み出すこともそろそろ再開しよう。

そして何よりも宇宙の仕事を生み出して行こう。

この一年で、制作事務能力は格段に上がったなと感じる。

生活パターンも変わった。

知識と知見も増え、今までになかった繋がりも出来た。

これらを生かして、来年度からの仕事をより良いものにしていきたい。

この記事を書いた人

日置 あつし

日置 あつし

(Atsushi Heki)
振付家 / ダンサー / アーツアドバイザー

京都を拠点に、ヨーロッパなど国内外で活動しているアーティスト。
現在と伝統、多文化を織り交ぜた舞台芸術作品を得意とする。

プロダクション航路延長:代表
京都文化力プロジェクト実行委員会
京都府アーツアドバイザー

職種:振付、ダンサー、作曲、演出、プロデュース、俳優など

ジャンル:コンテンポラリーダンス、日本舞踊、茶道、デジタルサウンド、DNA音楽、現代演劇、まちづくり系イベント、各種フェスティバルなどの文化芸術分野全般

地域での活動:吉田剣鉾保存会(京都市無形文化財)メンバー